Event is FINISHED

【企業人事向け】改正労基法による時効延長の実務対応~未払残業代を発生させないためのQ&A総まとめ~:KKM実務研究会・第1回

Description

【開催日時】
2020年8月3日(月) 19〜21時
※当日1時間~30分前にZoomの接続URL及びパスワードをチケット購入者に送信しますので、peatixメッセージの受信をできるようにしておいてください。
※また、本講義のレジュメは下記からダウンロード頂きますようお願い申し上げます。
https://kkmlaw.jp/qa_for_hr/qa_cat/salary-limitation-time-management/

【概要】
本年3月に労働基準法115条が改正され、賃金請求権の消滅時効期間が従前の2年間から、5年間(ただし、退職手当を除く賃金請求権については当分の間3年間)となり、本年4月1日から既に施行されています。

この改正は、新型コロナ禍の最中での成立ということもあってか、あまり世間的な耳目を集めてない印象もありますが、企業に大きな影響をもたらしうるものです。すなわち、今後、割増賃金に未払いがあると、最大で過去3年分(将来的には5年分)の支払を余儀なくされますし、訴訟で請求が認容された場合は最大で認容額と同額の付加金の支払をも命じられることがあります。また、一人の社員からの割増賃金請求は他の社員にも波及し、複数人から同時に請求を受けることもあります。このような事態を避けるには、現時点から割増賃金の未払いを発生させないための対応が必要不可欠です。

そこで、本研究会では、倉重・近衞・森田法律事務所において作成した「改正労基法による時効延長の実務対応Q&A 」を用いて、上記改正法の内容を確認した上で、割増賃金の未払いという事態が生じることを避けるために、適切な労働時間の把握、管理方法、労働時間に関する労働基準法上の各種制度の適用や定額残業代の有効要件の要点について、判例等を踏まえた解説を行ないます。

皆様のご参加をお待ちしております。

また、講義終了後は、引き続きZoom飲み会を行ない、質疑応答、意見交換等を予定しておりますので、こちらもご参加いただければと思います。
※飲み会は参加費無料です。各自で飲み物、食べ物のご用意をお願いいたします。

【KKM実務研究会とは?】
https://kkm-jitsumu.peatix.com/view

【当日の講義予定】
1 改正労基法115条による賃金請求権等の消滅時効期間の長期化
2 未払残業代を発生させないための労働時間の把握及び管理方法
3 労働時間に関する各種制度適用における実務上の留意点
4 判例を踏まえた定額残業代制度の有効要件

【こんな方におすすめ】
・企業の経営者、人事担当者
・社会保険労務士など人事実務の担当者
・労働問題に携わる可能性のある弁護士、その他士業
・その他、人事実務に関わる方

【動画視聴方法】
本ページよりお申し込みをいただいた方に、イベント開催当日にZoomの視聴URL及びPWをお知らせいたします。
※お知らせは、Peatixメッセージにて行います。

【キャンセルポリシー】
・自己都合のキャンセルにつきましては、参加チケット料金のご返金はいたしかねます。
・キャンセルの際に生じる手数料は、ご自身のご負担となります。

【KKM顧問先特典】
弊所の顧問先特典として、割引コードをメールで事前にお送りしました。
顧問先様でメールを受領していない場合は、事務所までご一報ください。
通常チケット購入後の割引料金適用はできかねますので、申し込みの際にお間違えのないようお願い致します。

【講師】
メイン講師 荒川 正嗣(倉重・近衛・森田法律事務所パートナー弁護士)
講   師 倉重公太朗(倉重・近衛・森田法律事務所代表弁護士)
講   師 近衞  大(倉重・近衛・森田法律事務所パートナー弁護士)

□メイン講師略歴
荒川正嗣(あらかわ・まさつぐ)
倉重・近衞・森田法律事務所 パートナー弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/masatsugu-arakawa/

一橋大学法学部卒、中央大学法科大学院修了
第一東京弁護士会 労働法制委員会 時間法部会副部会長
経営法曹会議会員

~主な著書~
『定額残業制と労働時間法制の実務』(労働調査会、共著)
『懲戒処分の実務必携Q&A』(民事法研究会、共著)
『詳解 働き方改革関連法』(労働開発研究会、共著)
『改訂版 企業労働法実務入門』(日本リーダーズ協会、共著)
『判例研究・テスト出局開始から解職までの復職可能性と解職の有効性等
    ‐NHK(名古屋放送局)事件(名古屋地判平29.3.28)』(経営法曹197号)

□講師
倉重 公太朗(くらしげ・こうたろう)
倉重・近衞・森田法律事務所 代表弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/kotaro-kurashige/

慶應義塾大学経済学部卒
第一東京弁護士会 労働法制委員会 外国労働法部会副部会長
JSHRM(日本人材マネジメント協会)理事、日本CSR普及協会理事(労働法担当)、経営法曹会議会員、日本労働法学会会員、日本労務学会会員

著作は25冊を超えるが主な著書は
・【改訂版】企業労働法実務入門(日本リーダーズ協会、編集代表)
・企業労働法実務入門【書式編】(日本リーダーズ協会、編集代表)
・なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか(労働調査会)
・Q&A職場のメンタルヘルス(三協法規出版、共著)
・メンタル疾患の労災認定と企業責任(労働調査会、編集委員代表)
・改正労働契約法の詳解(労働調査会、編集委員代表)
など多数

□講師
近衞大(このえ・だい)
倉重・近衞・森田法律事務所 パートナー弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/dai-konoye/

早稲田大学法学部卒
第一東京弁護士会労働法制委員会均等法部会、労使関係部会副部会長。

~主な著作~
「個人請負の労働者性の問題」(編集、労働調査会)
「最新実務労働災害」(共著、三協法規)
「なぜ景気が回復しても給料が上がらないのか」(共著、労働調査会)
「統合人事管理~グローバル化対応の法律実務」(共著、経団連出版)
「高年齢者雇用安定法と企業の対応」(共著、労働調査会)
「メンタル疾患の労災認定と企業責任」(共著、労働調査会)
「企業労働法実務入門(改訂版)」(共著、日本リーダーズ協会)等多数

Mon Aug 3, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥6,000
参加チケット(顧問先) SOLD OUT ¥6,000
Organizer
倉重・近衞・森田法律事務所・KKM実務研究会
142 Followers

[PR] Recommended information